アーカイブ | 7月 2016

  • 投資生活をならアコーディアゴルフに気をつけて

    投資生活を夢見ている人は多いことでしょうが、その第一歩にIPOで利益を出そうとした場合アコーディアゴルフのような危険な銘柄は避けることが大切です。 アコーディアゴルフは初値が公募割れをしてしまったばかりか、その後一度も公募価格以上になることもなく推移をしているため、このような銘柄を購入してしまうと大儲けどころか大損をしてしまうことになります。 IPOというのは大きな利益を期待することができる一方で、銘柄選定を間違ってしまうと大きな損失になってしまう恐れもあるので十分に注意が必要です。 このようなことはIPOに限らず、他の銘柄にもいえることですが銘柄の選定に関してはIPOの方がずっと優しいものであり、公募価格を割るかもしれないという銘柄はある程度判別がつくものです。 また、その逆に公募価格を割ることはまずありえないという銘柄を見分けるのも簡単なもので、初値高騰間違いなしとされる銘柄だけを選んでいれば損をすることはありません。 投資に絶対はありませんが、IPOに関しては前評判の高いものに関しては絶対に近いぐらいに公募価格以上になる銘柄は少なくありませんので、手に入れることができるかどうかは別としてリスクの少ない投資をすることは可能です。 ただし、IPOとして失敗だった銘柄が投資対象として適さないのかというとそのようなこともなく、アコーディアゴルフも底値の456円の頃に上手く買うことができれば、株価が倍増していますからIPOとしてはずれの銘柄であったとしても上場後に株価が伸びることもありますし、公募で買った人の投げがとまった時点で株価が上昇するということもあるので、注目をしておく分には損はありません。