アーカイブ | 6月 2016

  • 勇気ある投資家を2ちゃんねるで募集する時代

    2ちゃんねるといえば、2000年前後からあるインターネット掲示板として大変有名で、そこで書かれていることが大きな騒動を生むなど、かなりの影響力を持っています。最近では2ちゃんねるに行くまでもなく、2ちゃんねるでのコメントをまとめたまとめサイトが登場し、そこで書き込みをチェックすることができます。 いずれこうした場において投資家を募集する企業が出てきてもおかしくありません。ベンチャー企業などはユニークなことをしなければ注目を集まらず、資金集めもままなりません。そうした時に2ちゃんねるで投資家を募集という話題が上がり、その理由もしっかりしたものであればマスコミに取り上げられるでしょう。また、2ちゃんねるを利用する人は30代や40代の男性というデータもあり、投資をするほどの資金を有する人が参加している可能性が高く、決して絵空事とは思えません。また、小額でもいいから投資してくれる人を募集し、資金集めを行うというのもあります。このように、資金集めを呼び掛ける場を自社のブログやSNSではなく、あえて2ちゃんねるにすることは話題性を考えれば面白いと言えます。 もちろんこうしたことは上場を目指すベンチャー企業などの一部の企業に限られ、上場企業がやるにはリスクが少なからずあります。そこまでしないといけない企業なのかと信頼が下手すると落ちる可能性もあるからです。ですが、経済誌を見たり、株の雑誌を見て投資先を判断する時代ではないのも事実で、いわばネットで鮮度の高い情報が転がっている時代になっています。こうした時代に寄りそうことを考えればネットの掲示板、SNSで投資を呼びかける時代が来てもおかしくありません。