アーカイブ | 5月 2016

  • 投資は少額なものから始めるべき

    投資とは自らの持つ自己資産を証券に上場している企業もしくは国の証券の購入代金とし、その購入代金によって企業および国の経済が安定したら毎月もしくは1年ごとの決算の際に還付してもらうという仕組みです。この仕組みの利点は自己資産を注入したことによって業および国の経済が安定したら、その価値が支払った額よりも増えた段階で利益が上がっていることになりその支払った額が大きければ大きいほど帰ってくる額も比例して上がっていきます。そのため将来の積み立てを考える上で投資は最も簡単な自己資産を上昇させる方法の一つだと言えますが、ただしどんな物事にもかならずデメリットが存在するのです。そもそも投資は簡単に自己資産を上昇させると言っても、その額に見合った額で行わないと急激な経営刺激策がない限りは上がっていくレートの数はそれほど大きくなるわけではないです。ただし自身が望むレートにするための見合った額をいきなり投資すると、投資は生き物のように忽然と姿を変えるほど不安定な物であり知識を有していても投資自体を行ってない初心者ではせっかく払った額よりも少なくなり結果自身の損につながることになります。そこで投資の知識を有していても実際に行うのは初めてだという人においては、最初から一攫千金となるハイリスクハイリターンよりも前もって支払う額を少額なものから始めるべきです。確かに投資はそれに見合った額を支払わないと意味がないですが、しかし実際に行うことでの経験値もなければハイリスクハイリターンによって自身の将来設計に傷をつけることになります。現在では少額なものから始められるようなニーサのようなものがあるので、それから初めてノウハウを構築してそれから実践すると上手くいく確率は増えます。
  • 投資で後悔しないために

    投資で後悔しないために、まずリスクがあることを認識しなければなりません。絶対に儲かるものであれば、恐らくお金持ちがすべて買い占めているでしょう。そうではないのですから、損失を発生させる可能性はあると考えておかなければなりません。ですから、損をする覚悟を決めておかなければならないのです。 損をするのならやめておこうと考えるのも一つですし、どうせ損をするのならやりたいように取引しようと考えるも一つですが、このように極端に考えるのではなくて、どれくらいまでなら損をしても許容できるのかを考えるべきでしょう。例えば各業界のトップ企業に投資をして、すべての資産を失うと言ったことは考えにくいでしょう。あるいはトップ企業の債券に投資をすれば、デフォルトで損失を発生させる可能性は低いと言えるでしょう。あまり高いリスクを抱えたくないと考えるのなら、国内債券を中心として、安定した銘柄に投資をするのが良いです。 損失の許容額を決めておくと良いです。例えば、損失が20万円になれば、いったんやめるというように決めておくと良いです。20万円の損失が発生した時点で、とにかく一旦すべてを売却すると決めておけば、それ以上の大きな損失を発生させることはないでしょう。これが損切りという考え方です。このようにすることによって、資金がなくなってどうしようもなくなるという状況は避けることができます。 投資する資金は余裕資金にするべきでしょう。相場は急変することもあります。企業が倒産して株式の価値がゼロになることもあります。そのときに生活ができなくなって路頭に迷うようなことになると、ずっと後悔することになるでしょう。そうならないようにするためには、失っても生きていけるような資金だけを投資するべきです。